スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくば市役所の測定器で野菜などを測定しました!〈5月16日(木)〉

今回のMTでは「みんなで市役所の測定室に行ってみよう!」というメンバーの提案で、かるくMTをしたあとつくば市役所へおじゃましてきました

事前に予約をして、測ってもらったのは
・じゃがいも(茎崎地区産)  
・約1年前に除染済みの雨水マスの土(桜地区)    
です。

着きました・・・ここが測定室です!
測定小屋

いつの間にかこんなにかわいらしい測定小屋ができていました!
今年の4月からゲルマニウム半導体検出器もここで活動を開始していたんですね~パチパチ
中はこんな感じでした。
緑の機械がゲルマ
奥に見える緑色の機械がゲルマニウム半導体検出器です!
キミがあの・・!1ベクレル以下も測れるという賢く高価な機械・・・!と一同感動の瞬間です。
でもこのゲルマくんは今、学校給食のまるごと1食検査で忙しく、一般向けに測定の機会は設けていないとのこと。

今日は手前左側のNaIシンチレーション式サーベイメータで測っていただきます。
あっちょっとジャガイモが足りませんでした
試料は1kg必要ということでしたが、カサが足りないこともあるので注意です。。。
つめあがったところ

機械にセットしているところ
さて、結果ですが
・ジャガイモ:検出限界20ベクレル/kg以下
   (セシウム134、137がそれぞれ20ベクレル/kg以上は存在しない
・約1年前に除染済みの雨水マスの土(桜地区)
  セシウム137=2311Bq/kg
  セシウム134=1149Bq/kg
  セシウム合計 3460Bq/kg
    こちらのお宅の雨水マスは2011年秋頃の空間線量が土の上0cmで3マイクロシーベルトくらいあった
    そうです。そこをお父さんが1mくらいかきだして新しい土を入れて除染しましたが、最近、同じ場所を
    測ってみたところ約1マイクロシーベルトだったとか。やはり集まるところに集まっているんですね・・

さて、以上で「測ってみよう!」のコーナーは終わりです。
続けて、MTではこんなことを話し合いましたので報告します。

~給食の個別食材の放射能検査をすすめて欲しいという要望を出したい~
放射線対策課ではなく、給食を担当する健康教育課に出してはどうか。
 小麦や米は検査しているが、タケノコやキノコを測らないのはどうしてか??
 
~出張お茶会をひらく~
ゴンゴンのお母さんたちで、放射能に関して話すお茶会を設定してもらい、会のメンバーがそちらへ出かけて行くというやり方で、話し合い&交流したい

~6月23日(日)の母親大会分科会への協力~
第53回茨城県母親大会(今年は、守谷市の守谷高校で開催)。今年の母親大会では、特別分科会
「子どもを放射能からまもるために…」として、小川仙月さんと茨城大学の原口弥生先生の2人が
助言者として予定。内容としては、県内各地で「子どもを放射能から守る」活動している団体が報告し
これからどのように運動を発展させていくのかを話合い、交流を深める。
分科会の担当は、常総生協です。

~6月29日(土)13:30~の小森陽一講演会「これからの日本をかんがえる」in筑波学院大学~
 憲法改正の動きがありますが、憲法って何かについて学びます。参加費500円
憲法改正の動きは、国の原子力政策と無関係ではないので、積極的に参加して学びたい


MTと「測ってみよう!」の抱き合わせ、今後も続けていきたいと考えています☆

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

守ろう@つくば

Author:守ろう@つくば
福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の拡散により、つくば市でも事故以前より高値の放射線量が測定されています。
「放射能汚染から子どもを守ろう@つくば」は、子ども達を放射能汚染から守りたいと願う保護者を中心に、市民有志約20名が集まり2011年6月に結成しました。

子ども達を放射能汚染から守るために活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。