スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月7日ミーティングを行ないました.

9月7日,守ろう@つくばのミーティングを市民活動センターで行ないました.

今回も初めて参加の方が数名,久しぶりに参加した方もあり,
みんな話したいことや聞きたいことが沢山あって,
いくら時間があっても足りないようでした.
終了後もそこここで立ち話が続いていました.

9月になって給食が再開し,食材の不安や弁当を継続することの難しさについて,
悩みが多く出てきました.
つくば市では10月に給食食材を測る食品用測定器が設置される予定ですが,
検出限界30Bq/kgということで,これをどう考えるかが悩ましいところです.

また,運動会の季節になり,
8月末の奉仕作業で放射能測定や除染作業が行なわれたという報告も集まってきました.

つくば市の除染支援の方針が出たことで,
学校側も保護者が申し出れば協力してもらえるところが出てきました.

一方でPTAで学習会を開催したのはよいが,
専門家?に「この地区のレベルなら心配要らない」と言い切られ,
でも,中学校グランドの隅を測ると高いところもあり,
学校ごとの判断になっているが故の難しさも見えてきました.

請願は通るかどうか見通しが立たないところですが,
これからどうするか,次の一手についても話し合いました.

7月に要望を出し,署名を集め,また周りの自治体の対応が進んできたことで,
つくば市が除染支援の方針や,食品用測定器購入へ動かせたのではないかと,
自分たちの活動が少しずつ状況改善につながっていると確認しました.

が,内部被ばくや低線量被ばくについて,自分たちと行政の考え方に隔たりがあることが
今,大きな障壁になっていると思われます.
そこをどう乗り越えていくか,
自分たちも,危険性を理解している小児科医師や専門家の話を聞いたり,
市だけでなく,県にも要望を出すなど,まだまだやれることがある,との声が出ました.

また,測定して危険箇所を探すだけでなく,市外や北部など,線量の低いところの公園を測定し,
安心して遊ばせられる場所を探す活動もしたい,との声も上がり,共感を呼びました.

それから,市の対策,考え方の最新情報を得るために,
放射線対策室に話を聞きに行こう,という提案もあり,
日程調整することになりました.
(担当者の方,このブログを見ていたら,よろしくお願いいたします.)

次のミーティングは9月30日10時~12時,市民活動センターです.
車でこられる方は,南2駐車場のみ,駐車券がでます.
初参加の方は,事前にご連絡ください.



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

放射線の正しい測り方

放射線を測定するのに参考になる漫画を見つけました。
よかったら参考になさってください。

http://p.booklog.jp/book/30823

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

守ろう@つくば

Author:守ろう@つくば
福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の拡散により、つくば市でも事故以前より高値の放射線量が測定されています。
「放射能汚染から子どもを守ろう@つくば」は、子ども達を放射能汚染から守りたいと願う保護者を中心に、市民有志約20名が集まり2011年6月に結成しました。

子ども達を放射能汚染から守るために活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。