FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県へ要望書を提出してきました.

県への提出状況について,きちんと報告しなければと思いながら,なかなかできずすみません.
11月28日(月),水戸の県庁へ健康調査の要望書を提出してきました.
@つくば4人,水戸1人,笠間1人,龍ヶ崎1人の,計7人で行きました.

要望書の提出団体は,放射能関係25,その他育児サークルなど23の計48団体に膨れ上がりました.
直前まで連絡くださった各会の皆様,ありがとうございました.

当日3回NHKニュースで流され,新聞各紙も翌日の朝刊で取り上げていただいた通りですが,
行ってみた感想は,予想外に多くの報道陣と,
知事は会えないとのことだったので,担当課長に渡すのかと思いきや,
保健福祉部次長以下ものものしい雰囲気で,会議室での面談となり,
メモも取らず,とにかく言いたいことを言い,聞きたいことをたずねるので精一杯でした.
録音するべきだった,記録係を用意しておけばよかった・・・と反省しています.

[要望書提出時のやりとり]

県側の発言を覚えている範囲で整理すると,
「福島県で調査して,内部被曝は,一番多い人で生涯被ばくが70歳までと想定して2~3mSvで,
問題ない範囲なので,茨城県では調査は必要ないと考えている.
福島県の調査結果は福島県のHPで公表されている.」
というのが,基本姿勢でした.
「ホールボディカウンターではベクレルを測定するが,その数値はどれくらいか?」と聞くと,
「ベクレルではなく,線量当量で判断している」と,ベクレルの数値は把握していないようでした.
それで,「セシウムなどが何ベクレル体内にあって,それを線量当量で何シーベルトと換算するかの係数は,いくつもの想定を元にモデル化しており,その想定に問題があると指摘する専門家もいて,見方は2つに分かれているが,どう考えているか」とたずねた(気がする)のですが,
それに対する明確な答えはなく,「専門家の意見に従っているので,自分たちは専門家でないから・・」という答えでした.
これではらちが明かないと思い,「そういうお考えなのですね,わかりました」と,引き下がってしまいました.
その後,6人がそれぞれに気持ちを訴え,
茨城に住み続けたいので安心して暮らせるように,
子ども達や妊婦,これから子どもを育てようとしている県民のために,懸命な判断をして欲しい・・・
という趣旨の発言をした(と思います.)

事前に担当係長に訪問の時間調整で電話したときには,
その日に健康影響について専門家の意見を聞く会議が開かれると聞いていたのですが,
当日,保健福祉部次長にたずねると,そのような会議はない,とのこと.
係長に確認すると,「勘違いしていた,直接の担当ではないので・・・」とのことでした.
非公式な会議なのか,延期したのか,なんだか不透明な感じでした.

(県議会議員からの情報で,実は会議は開かれていたと分かりました.
なぜ,隠すのか,不思議です.)

[ その後の動き]

この要望書提出がきっかけでか,今開かれている県議会では,一般質問や委員会審議で
健康調査の必要性について複数の県議が追求しています.
知事側の答弁は変化していないようですが,
委員会として,意見を出そうという動きもあるようです.

茨城レベルの汚染では,安全だから健康調査は必要ない,という知事のスタンスですが,
調べないで安全というのでなく,調べてから安全を証明して欲しいと思います.
茨城で子供達を安心して育てることができるために,まだまだいろんな取り組みが必要だと感じています.
守ろう@つくばでは,みんなの知恵と力を出し合い,
県の要望書でつながった各地の皆さんとも協力して,
出来ることを探し,取り組んでいきます.
スポンサーサイト
プロフィール

守ろう@つくば

Author:守ろう@つくば
福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の拡散により、つくば市でも事故以前より高値の放射線量が測定されています。
「放射能汚染から子どもを守ろう@つくば」は、子ども達を放射能汚染から守りたいと願う保護者を中心に、市民有志約20名が集まり2011年6月に結成しました。

子ども達を放射能汚染から守るために活動しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。